トランスレスベラトロールと構造式

レスベラトロールサプリ



トランスレスベラトロールと構造式



sponsored link

トランスレスベラトロールとは、安定した分子構造のレスベラトロールのことです。

レスベラトロールには化学構造の違いによりトランス型シス型があり、新鮮な原材料から摂れるレスベラトロールはトランス型で、太陽光や酸化、高温などにより不安定な状態になるとレスベラトロールはシス型に変化します。

レスベラトロールは研究により長寿遺伝子の活性化やがん予防、痴呆症予防などの効果が報告されていますが、これらの実験に使われているレスベラトロールはトランスレスベラトロールです。

そのためサプリメントでレスベラトロールを摂るならトランスレスベラトロールが重要とされています。

トランスレスベラトロールは新鮮な赤ブドウの果皮や落花生の種皮に多く含まれています。


構造式

レスベラトロールはポリフェノールの一種でポリフェノール共通のOH基を持つ化学式です。
また構造の簡単なスチルベノイドでありながら強い抗酸化作用があります。
立体構造の違いにより、シス体・トランス体に分けられます。

分子式:C14H13O3
分子量:228.25
resveratrol










>>>> 次の記事 『 トレスベラトロールとサーチュイン遺伝子の関係 』 へ移動
>>>> トップページ(レスベラトロールサプリ比較ランキング)へ移動


[スポンサードリンク]